女性

のぼりを利用して集客する【積極企業アピール計画】

人目につく看板

看板

経営するにあたって人の目につかなければ誰も立ち寄ってくれない他にも、入口がどこか迷ってしまうお客様も少なくありません。しかし、スタンド看板を設置することで入口がわかりやすく、新規のお客様にも知ってもらえるので便利といえるでしょう。

Read More...

カードを作成する

ショップ

ショップカードはお店の名刺でもあり、お店の名前や電話番号、住所などを記載しておくことで顧客に覚えてもらうことが出来ます。また、スタンプサービスにも活用することが出来るので集客率の向上化も図ることが出来ると考えられます。

Read More...

デザインも依頼可能

スタンド

バナースタンドの作成を依頼する場合、自社でデザインをしてから原稿を入稿するという流れになります。しかし、デザインが苦手な場合や時間がない人はデザインなども全て行なってくれる業者もいるので目的に合った場所で依頼をしましょう。

Read More...

大切なツール

のぼり

広告宣伝のツールとしてのぼりを利用

のぼりは大昔から広告宣伝の手段として使用されてきました。戦国時代の映画を見ると兵たちが腰にのぼりを指して合戦に臨むシーンをよく見ます。すでに、あのころから敵味方を識別する大切なツールとして活用されていました。現在は、多くの店舗、商店や事業者によって手軽な広告宣伝手段としてのぼりが利用されています。街のあちこちにのぼりがあることから、これを制作する業者の数も少なくありません。材料の手配や制作方法が比較的簡単であることから、のぼりの制作費用も決してたかくありません。大量発注すれば単価が低くなるのは他の媒体と同じです。たとえば最小ロットを10枚にすると、一枚当たりの単価が2000円から2500円程度、100枚になると1000円から1500円程度というのが相場です。しかし、あくまで目安です。実際には使用する素材やデザイン、色などで費用は変わります。

豊富なデザインや色の使用で効果を最大に

インターネットがこれだけ普及し、デジタル時代と呼ばれて久しいのですが、いったん街に出るとのぼり広告はいたるところにあります。それだけ、広告手段として広く普及しているという証です。まず、目につきやすく、デザインや色使いによっては視覚への訴求効果が高いことが指摘されています。縦型の形態が日本語に合っている、という人もいます。アナログでありながら、一向にすたれないのぼりの広告効果については、低コストであることも起因していると思われます。つまり、費用対効果という観点からものぼりの優位性が今も揺らいでいないということでしょう。のぼりの制作を専門に行っている業者によく相談されることをお勧めします。そして出来上がったのぼりを、十分に活用することを期待しています。